石臼の雑記

ゲームと下ネタが主な話題のブログ

同居中のえっちな美少女はやはり必要だった

f:id:w2sesame:20180829190950p:plain

 

唐突ですが最近引っ越しをしました。

 

幸いなことに私はこれまで実家からアクセス可能な範囲内で世界が構築できていたために、恥ずかしながら一人暮らしの経験のない実家暮らしマンとしてこれまで生きていました。しかし今年度からいろいろ環境が大きく変わることがありまして、ついに自分も一人暮らしをするときが来たかと覚悟を決め、ここ1ヵ月の間は引っ越しのための諸々の手配に追われていたわけです。

引っ越し自体は1週間ほど前に完了しており、今日までは衣食住できる環境を整えるためにわたわたしていたのですが、ようやく落ち着いたので久しぶりのブログ更新です。

さて、男の一人暮らしといえば当然押しかけえっちな美少女とのドキドキ同棲生活になる、というのは過去の幾多の作品が繰り返してきた環境設定であることはもはや語るまでもありません。

両親が海外で勤務しているとか、単純に一人暮らしできる年齢だとかは作品によってさまざまです。ですが美少女とえっちでムフフなくんづほぐれつの場面を両親に見られては下手にオナニーを見られるより気まずいことになるのは明らかですから、大人の事情という名の不可思議なパワーによって「えっちな美少女が押しかけるような男=たいてい一人暮らし」という法則が今現在の世界には存在しているわけです。

そして繰り返しますが私は一人暮らしを始めました。これはもうえっちな女の子が押しかけにくるフラグを立てることに成功したに等しいわけですね。私には押しかけてきそうなえっちな美少女の知り合いはいませんし、さらに言えばえっちな美少女の知り合いもいませんし、ついでにいえば女の子の知り合いもいないですが、そこはフラグを立てたことがルート進行に新たな分岐を用意してくれると考えていきましょう。

別に人間じゃなくたって幽霊だとか妖怪だとか宇宙人だとかいろんな美少女モデルがすでにジャパニーズ漫画作品で登場していますから、可能性は0ではありません。たぶん。

 

さらに可能性を広げるとするなら、同居人じゃなくたっていいわけですね。

つまりえっちな管理人さんとかえっちなお隣さんルートです。ちょうど現在はすの○ら荘の管理人さんがアニメになったばかりです。狙いどころとしてはああいうルートもあるということになります。そういえば私はショタだった気がしてきました。

あとはお隣さんが料理を作りすぎちゃったという体で訪ねてくるのもお約束ですよね。あらなんですかお隣さんったらスッポン鍋をお裾分けだなんて。具だくさんの鍋で子宝たくさんってわけですか。まぁハレンチ。

 

と、このようにえっちな美少女が押しかけてくる可能性が多分にあることは上記の内容からお分かりいただけたかと思いますが、一つの懸念事項があります。

それはバスルーム、というか湯船の小ささです。えっちをするためのムード作りはベッドで裸になる前、つまりシャワーなり風呂なりを使っている段階から始まっています。童貞なので適当ですが。

よく小さな湯船で体を密着させて一緒に入るのいいよねみたいな話もありますが、個人的にはセックスには日常感を排除し非現実感があるとテンション上がるタイプなので、やたら湯船がデカいだとか、浴室がガラス張りだとか、泡風呂に入れるみたいな要素がお風呂に欲しくなるわけですね。

しかしながら男の一人暮らし、それも必要最低限のワンルームの賃貸を今回借りたために、風呂もそれ相応のサイズしかないのが現実です。

えっちな美少女をお迎えすることを考えたらやはりお風呂にはデカさというパワーが欲しい。具体的には偽物語に登場した浴室くらいほしい。もし現実にあったらワンルームにおける浴室以外の面積が浴室の半分もないみたいなことになりそうですが。

f:id:w2sesame:20180829191749j:plain

……やっぱり抽象的な描写の多い物語シリーズのアニメとはいえあの風呂場はデカすぎる気がする。

 

ともかく、引っ越しにともなうバタバタから落ち着いたというご報告でした(建前)。

好感度最大で銀髪ショートヘアのスレンダー素直クール美少女が押しかけ幼妻になろうと訪ねてくる日を待っています(本音)。